乗鞍岳
エデュテイメント

エデュテイメントとは?
いろんな場所や機会を教育として捉え、
遊びを通して楽しみながら学ぶことを言います。
edutainment = education + entertainment
岳×楽×学
?!の間の新しいイマジネーションを地域から!
「自然×地域探求型ゲーミフィケーション」エディテイメントを乗鞍から発信します。乗鞍岳を舞台に、自然環境をエデュケーションの場とし、ゲーミフィケーション効果の活用により、地域全体を探求型エンターテイメントフィールドとしていきます。同時に、観光に係る負荷分をオフセットし、環境保全に貢献しながら地域経済の活性化に繋げ、グリーン・リカバリーを推進します。
標高三千メートルの聖域「乗鞍岳」。
それは、聖域乗鞍岳を守る孤高種族“ラゴプスムタ
(Lagopus muta)”の物語り。時には湖を、時には
ライチョウを、時には石像を、自然に寄り添いながら
この地に散りばめられた謎を解き明かす、大いなる
聖域を守るゲーミフィケーション。
文明開化を、今ここに
by 乗鞍岳探検ゲーム
乗鞍岳探検ゲーム
伝説の石像探索ゲーム
Category
全て / ツアー / イベント / プログラム / その他
【ツアー】
乗鞍岳探検・石仏探索ゲストツアー
アイキャッチ画像
ー概要ー 乗鞍岳探検・石仏探索ゲームにアドバイスを頂くため 法人関係者を対象にした特別ゲストと回るモニターツアーを開催しました。 日時:2021年10月15日(金)13:00~16日(土)17:00 ー内容ー ーSPECIAL GUESTー ▼地域環境経済/国立公園 名古屋大学環境学研究科教授 元国連環境計画(UNEP)CBD事務局 香坂 玲 氏 環境経済、生物多様性、森林農業に精通。経産省、環境省、文科省委員多数。日本テレビ「世界一受けたい授業」講師 ▼サスティナブル・ディベロップメント ㈱方寸計画 代表取締役 元㈱INAX サスティナブル・イノベーション部 西畑 直樹 氏 Sustainable Development をテーマに企画立案、文化伝統事業を運営。NPO法人鎌倉市市民活動センター運営会議理事ほか ▼ゲーミフィケーション 一社) Do It Yourself 代表理事 東 善朗 氏 「乗鞍岳探検ゲーム」(主管)、ゲーム限界都市™など、地域課題解決型ゲーミフィケーションを多数世に送り出す。 ▼QCD向上 ㈱無印良品計画 コミュニティマネージャー 山岩 豪 氏 良品計画キャンプ場にて100以上のアクティビティを開発後、エリアのコミュニティ開発に従事 ▼地域通訳案内士/多文化共生 多美人生開発 取締役 インバウンド事業部長 張 訳丹(いーたん) 内モンゴル自治区出身。民宿喜楽園、飛騨高山市ブランド戦略会議委員、国内旅行業務管理者ほか ー旅程ー 15日 JR高山駅ー農泊古民家見学ー事業・安全研修―懇談会 16日 乗鞍岳畳平ー剣ヶ峰ー中洞権現ー畳平ーJR高山駅 ーSDGsー 日本版被害算定型影響評価手法LIMEにより環境負荷量をモデル算定し、国立公園PJへオフセットする環境&観光振興事業となります。 主催 飛騨朝日地域活性化推進協議会 企画実施 株式会社多美人生開発 〒509-3326 岐阜県高山市朝日町甲1002 国内旅行業取扱責任者 張訳丹 総合旅行業取扱責任者 野尻由梨奈 問合せ先 E-mail info@trip-life.com TEL 050-8882-4343  
【プログラム】
乗鞍岳探検ゲーム
アイキャッチ画像
―概要― 地域に現存する植物や小動物をハイキングしながら見つけていきます(アクティビティ+自然体験)。 ゲームの設問を解いていき、体験を記録していくことで、自然学習を育むプログラムです。 ―内容―   主催:岐阜大学地域科学部社会システム経営学環三井研究室 共催:岐阜県中部山岳国立公園活性化推進協議会 後援:高山市 主管:一般社団法人 Do it Yourself 問合せ先 株式会社多美人生開発 〒509-3326 岐阜県高山市朝日町甲1002 国内旅行業取扱責任者 張訳丹 総合旅行業取扱責任者 野尻由梨奈 E-mail info@trip-life.com TEL 050-8882-4343
【その他】
登山届を提出しましょう!
アイキャッチ画像
乗鞍岳への登山には、登山届を出しましょう。安心、安全の登山を楽しみましょう。 下記、岐阜県からのお知らせです。 【目的】届出を行うことにより、登山者自身による事前準備の徹底、山岳遭難の防止、並びに登山者の安否確認及び捜索救助活動の迅速化を図る。  北アルプス地区の山岳は標高3,000メートル級の山々が連なっており、登山ルートによっては高度な技術や山岳に関する知識が必要です。さらに、季節によっては天候が急変し、また、地形的に滑落や雪崩等の危険性が高いため、安全な登山を実現するためには、登山者による事前の準備が重要となります。  このため、実効性のある取り組みが必要であるとして、登山届の届出を義務化することとし、平成26年7月に「岐阜県北アルプス地区における山岳遭難の防止に関する条例」を制定し、平成26年12月1日から施行しています。  また、平成26年9月27日に発生した御嶽山噴火は、多数の犠牲者を出し、戦後最大の火山災害となりました。この際、提出された登山届が迅速な安否確認及び捜索救助活動に有効であったことから、条例を改正し、平成27年4月1日から活火山である御嶽山及び焼岳の一部を、平成28年12月1日から白山を、令和元年12月1日から乗鞍岳を、届出を義務付ける対象エリアに追加しました。  なお、同条例には罰則規定があります。 ※乗鞍岳においては、令和3年12月1日から罰則規定が施行されました。(北アルプス地区・御嶽山・焼岳では平成28年12月1日から、白山では平成30年12月1日からそれぞれ施行されています。)  
アドバイザー
名古屋大学大学院環境学研究科教授 / 元国連環境計画(UNEP)CBD事務局
香坂 玲
(株)方寸計画代表取締役 / 元(株)INAX サスティナブル・イノベーション部
西畑 直樹
(株)良品計画 コミュニティマネージャー
山岩 豪
(一社) Do It Yourself 代表理事
東 善朗
気候変動へ対応する環境共生モデル
乗鞍岳モデルツアーに係る環境影響については、
Greenhouse Gas Protocolにより環境負荷量をモデル算定し、
環境省国立公園プロジェクトへカーボン・オフセット(J-クレジット)しています。
【主催】
 飛騨朝日地域活性化推進協議会
【ナビゲーター】
 張 訳丹(いーたん)(飛騨高山ブランド戦略会議委員)
【デザイン】
 稲越 昭太郎(HAND)
【連携】
 一般社団法人Do It Yourself
 株式会社丹生川観光
【企画実施・問合せ】
 株式会社多美人生開発
 〒509-3326 岐阜県高山市朝日町甲 1002
 国内旅行業取扱責任者 張訳丹
 総合旅行業取扱責任者 野尻由梨奈
 E-mail info@trip-life.com
 TEL 050-8882-4343